機能性ならブライトリング

ブライトリングと言えば、やはりパイロットウォッチとしての認識が高いのではないでしょうか。

スイスの高級時計ブランドとして存在するブライトリングは、1884年の創設当初はストップウォッチ専門を製造していました。
しかし1915年には二代目を継いだガストン氏が世界初の腕時計式のクロノグラフを発表。
つまり腕時計としてのクロノグラフはブライトリングが元祖だと言うわけです。

その勢いは止まらず、三代目のウィリー氏に引き継がれると航空業界とのつながりを深めます。
ここで初めて現在のブランドイメージが出来上がったのです。

いくつもの航空機メーカーに製品を供給した結果、様々な記録を打ち立てます。
気球での無着陸の世界一周と企画でスポンサーになり、世界初の成功で「ブライトリング=空」というイメージがより強くなりました。

以降は積極的に航空イベントのスポンサーを務め、パイロットウォッチの代表的存在になったのです。

最大の特徴とも言える計器を思わせる外観は、男性であれば必ず惹かれる男らしい夢があるデザイン。
実際にプロのパイロットが計器として活用される程のクオリティを誇ります。
機能性、耐久性、そして男の子であれば必ず惹かれるデザイン。

全て兼ね備えたブライトリングはパイロットに興味が無い腕時計愛好家の間でも愛用されるほどです。
映画でも活躍!「ハミルトン」
copyright(C)デジタルウォッチの魅力
利用上の注意 運営者情報について